<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

私が妊活ブログを始めた理由

panda

いつも見てくれてありがとうございます

ブログを始めたきっかけ

ブログで伝えたいこと

いきなり語ってすみません。笑

インスタをフォローしてくれる方や、ブログを読んでくれる方が増えてきたので、改めてお伝えしたくなりました。

「体外受精って、大したことないよ?」というと、誤解を生んでしまう可能性もありますが。私は、それでも、この言葉を使いました。確かにね、大変なこともあるし。注射や手術の力かりなくても妊娠できるなら、それにこしたことはないと思います。

体外受精の大変さを発信している方がいることで、不妊治療の知識が深まる人もいるでしょうし、その発信を必要としている方もいると思います。

体外受精をやったことない人に、「体外受精って、そんなに大変でもないんでしょ?」とは思って欲しくはないのですが…。体外受精へのステップアップを検討する段階にきている方で、私はもう大変なことに挑戦しなければいけないんだ!と、追い込まれているように思っている方には、「いや!そんな、大したことないよ!大丈夫!」と、お伝えしたいです。

もちろん、ステップアップは、パートナーや、主治医としっかり相談してから決めてほしいですが。

今は、排卵誘発も体に負荷をかけすぎないように調整してくれる病院が多いですし、採卵手術も痛みが無いように麻酔をかけてくれる病院も多いです(中には無麻酔主義の病院もありますが)。頻繁な通院も負担にはなりますが、一生続くわけではありません。

それに、体外受精を実際にやってみると、実感するのですが。体外受精って、イメージするほど不自然なことをしているわけでもありません。結局、卵子と精子に育つ力がなければ、受精卵は育ちませんし、あくまで医療は手助けをしているだけです。

若さを失ってから後悔しても、若返ることはできないので。時間をかけてれば、自然妊娠もできるかもしれないけど、年齢と効率を考えて戦略的に体外受精を活用していこう!と、前向きに体外受精に挑戦するという選択もあるということを、お伝えしたいなと思っています(^^)

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
妊活ぱんだ
妊活ぱんだ
アラフォーぽっちゃり主婦
結婚4年目の35歳の時、3回目の体外受精で第1子を妊娠、36歳で出産。
現在、第2子妊活中の39歳ぽっちゃり主婦。
第2子妊活は、採卵4回、移植4回目で妊娠するも、11週目に流産。現在、また妊活再開中。

第1子から合わせて、採卵回数10回、移植回数9回の体外受精リピーター。

妊活中の方を応援するブログを発信中!
記事URLをコピーしました