<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

痛い採卵、ダメ!絶対!

panda

なぜ麻酔が効かないまま始まったか?

麻酔中の真実

無麻酔主義への素朴な疑問

主治医に直談判

私の再発防止策

意識ある中、メスで切られたり、肉を焼かれたり…しかも、声は出ないし、動くこともできないんですって…想像するだけでゾッとしますね。

ちなみに、そういう事例は、後に裁判や示談で病院から慰謝料をがっぽりもらっているようでした。PTSD等、その後の人生に大きく影響をあたえてしまうことも少なくはないようです。私の場合は、無麻酔でやるところもあるような手術だし、PTSDがあることを証明したり、そもそも麻酔が本当に効いていなかったことを証明したり。。。って考えたら、訴えても大してメリットはないんだろうな、と思います(一応、ちょっと調べたw)

でも、できれば、医師や看護師には、もう少し申し訳なさそうな態度とって欲しかったなというのが、本音です。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
妊活ぱんだ
妊活ぱんだ
アラフォーぽっちゃり主婦
結婚4年目の35歳の時、3回目の体外受精で第1子を妊娠、36歳で出産。
現在、第2子妊活中の39歳ぽっちゃり主婦。
第2子妊活は、採卵4回、移植4回目で妊娠するも、11週目に流産。現在、また妊活再開中。

第1子から合わせて、採卵回数10回、移植回数9回の体外受精リピーター。

妊活中の方を応援するブログを発信中!
記事URLをコピーしました